HOME ≫ 原状回復 ≫

原状回復

原状回復とは

原状回復とは借りていた人と賃貸人が次に借りる人のために、部屋を元の状態に戻すということです。
 
但し、賃借人の負担はそのほとんどが故意や過失があった場合のみです。
これについては後述します。
 
そしてこの現状回復でどちらがそのお金を負担するかとういうのが、敷金の返還トラブルの要因となるのです。
 
そこでこのトラブルを解消してくれる指標が国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」なのです。

原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

0000301109.jpg
国土交通省のガイドラインでは以下の様に定義されています。
 
(1)原状回復とは
 原状回復を「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義し、その費用は賃借人負担としました。そして、いわゆる経年変化、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるものとしました。
 
   ⇒ 原状回復は、賃借人が借りた当時の状態に戻すことではないことを明確化
 
(2)「通常の使用」とは
 「通常の使用」の一般的定義は困難であるため、具体的な事例を次のように区分して、賃貸人と賃借人の負担の考え方を明確にしました。(図参照)
0000301083.jpg
  A:賃借人が通常の住まい方、使い方をしていても、発生すると考えられるもの
 
  B:賃借人の住まい方、使い方次第で発生したり、しなかったりすると考えられるもの(明らかに通常の使用等による結果とは言えないもの)
 
  A(+B):基本的にはAであるが、その後の手入れ等賃借人の管理が悪く、損耗等が発生または拡大したと考えられるもの

  A(+G):基本的にはAであるが、建物価値を増大させる要素が含まれているもの
 
⇒ このうち、B及びA(+B)については賃借人に原状回復義務があるとしました。
 
(3)経過年数の考慮
 (2)で解説しているBやA(+B)の場合であっても、経年変化や通常損耗が含まれており、賃借人はその分を賃料として支払っていますので、賃借人が修繕費用の全てを負担することとなると、契約当事者間の費用配分の合理性を欠くなどの問題があるため、賃借人の負担については、建物や設備の経過年数を考慮し、年数が多いほど負担割合を減少させる考え方を採用しています。
 
(4)施工単位
 原状回復は毀損部分の復旧ですから、可能な限り毀損部分に限定し、その補修工事は出来るだけ最低限度の施工単位を基本としていますが、毀損部分と補修を要する部分とにギャップ(色あわせ、模様あわせなどが必要なとき)がある場合の取扱いについて、一定の判断を示しています。
 
 
上記の内容をざくっと言うと、借りた人が故意や過失で必要以上に部屋を汚した場合はお金を払ってね。
それ以外は通常の使用の範囲内なので、それは貸した側の負担ですよ。ということなのです。