HOME ≫ 無料相談窓口の活用 ≫

無料相談窓口の活用

無料でプロフェッショナルを味方につけよう

ハウスクリーニングの章で少し触れた、無料相談窓口の活用についてお話します。
各県の宅建協会と全国宅地建物取引業保証協会の各県本部が共同運営しています。
なので全国どこででもやっております。
 
相談員は地域によって様々ですが、私の地域の相談員は自らも不動産業を営み、相談員として研修を積んだ専門の相談員でした。
 
まさにプロフェッショナルです。
とても親身になってくれましたし、非常心強いアドバイスを頂きました。
 
ちなみに私は7年入居した後の退去だったので、壁紙の故意や過失による張替えの部分であっても、負担割合は10%(現在は1円)といいうものです。
 
その当時のアドバイスとして、
 
例えば壁紙の張替えについてはきっちりとこちらの過失分に伴う張替え面積もしくは施工幅の負担割合を明確にして下さいと伝えればいいとの事であったり。「壁紙の賃借人の負担割合が10%が妥当(現在は1円)と思うんですけど・・・」と言うのではなく、はっきりと「私の負担割合は10%(現在は1円)です。」と言い切ったらいいとのアドバイスも頂けました。
 
更には不動産管理会社との交渉の際に無料相談会でアドバイスを頂いたと伝えれば、非常に大きな効果を発揮するとおっしゃて頂けました。
 
黄〇様の印籠の様なものです。
 
なので、私にとっては非常に心強い相談員でした。
是非みなさんも活用してみて下さい。

全国の無料相談窓口一覧
0000306083.jpg