HOME ≫ 実践編1 ~引越しから最初の清算書が届くまで~ ≫

実践編1 ~引越しから最初の清算書が届くまで~

ROUND1ファイッ!

ここからは私の実体験を上記の知識を踏まえた上で、不動産管理会社と交渉したプロセスを記していきます。
 
平成22年2月21日:引越し
 
平成22年2月27日:部屋の掃除
 荷物の無くなった部屋を奥さんと2人で掃除。(退去に際して借主としての最低限の掃除)
 配線を隠す為に使用したモールの両面テープが剥がしにくく、苦戦。
 あまりにも時間が掛かり、他の掃除は全部奥さん任せ。奥さんには使い物にならないと罵られる。
 
平成22年2月28日:管理会社との退去の立会
 立会は10~15分程度、比較的年配の女性。
 管理会社の発言は以下のとおり

  1.クロスは所々破れや汚れがあるので、全張替え
  2.ハウスクリーニングの必要あり
  3.畳は過失が見当たらない

 といった事を言っていたが、この時点では向こうもこちらの負担については明確な発言をせず、後日、清算書を送ります。との事。
 こちらも、この時点で知識的に不安な部分もあったので、何も肯定も否定もせず、黙っていた。

平成22年3月3日:宅建協会での無料相談会
 前述の無料相談会の活用を参照

平成22年3月5日:清算書到着
 清算書が郵送にて届く。
 内容は、
0000301210.jpg
  クロス全張替えで全額請求
 
  ハウスクリーニングの請求

  その他少々(こちらの過失のものあり) 
 
 予想通りすぎる。 
  
このままじゃ、5万円も戻ってきやしない・・・ 
0000300435.jpg