HOME ≫ 敷金と敷金返還について ≫

敷金と敷金返還について

敷金とは

敷金とは、大家さん(以後賃貸人)に対しての 担保金です。 
  
退去の際に部屋を借りていた人(以後賃借人)の責任において支払うお金を賃貸人にあらかじめ預けておくお金です。関西方面では保証金ともいいます。保証金という単語の方がイメージは沸きやすいかと思います。
 
では何故、敷金を預けるのかという事なんですが、家賃を滞納した場合や部屋を汚したり壊したりした場合の修繕費に充てるためなんです。
 
ここで覚えておいて頂きたいのは、決して賃貸人に納めるのではなく、あくまでも預けておくということです。 
  
お渡しした段階で賃貸人のお金になるということではありません。

敷金返還とは

上記の通り、敷金は預けただけのお金ですので、退去の際に家賃の滞納や部屋の汚れ・破損等が無ければ、賃貸人は賃借人に敷金を返金しなければなりません。

これが敷金返還の大原則となります。

この敷金を返金して頂くのが権利だとすれば、そこには義務も生じてきます。

その義務というのが、原状回復ということになります。